悩んだ時には読んで欲しい!絶対に喜んでもらえるお酒の選び方とコツなどについて解説します

このサイトでは、大切な方やお世話になった方に向けて特別なお酒の贈り物を検討しているけれど、どれを選べばいいのかわからず悩んでいるという方に向けて、相手に絶対に喜んでもらえる選び方やコツについても初心者向けに詳しく解説しています。
甘くフルーティーな香りのする商品は女性に好まれていることが多いということや、同じ種類の商品でも製造法が変われば味が異なるので事前に調べておく必要があるという点なども紹介していきます。

悩んだ時には読んで欲しい!絶対に喜んでもらえるお酒の選び方とコツなどについて解説します

お酒が好きな方に贈り物として、特別なお酒の贈り物をしたいと思っている方は多いですが、実際にどんな商品を選べばいいのかわからないという方は、選び方やコツとして覚えておくべきなのが、最初に予算と本数を事前に決めておくことでどの商品を購入するかある程度絞り込むことができます。
ちょっとした贈り物なら1,500~3,000円で、高級な贈り物なら5,000円以上の物を選ぶようにします。
また酒店で選ぶなら実際にスタッフに相談をしてみると、贈る相手や予算に応じてシチュエーションに適したお酒を提案してくれるので、選び方がわからない方でも安心です。

お酒をプレゼントしたいと考えたら贈る相手を基準にすること

誰かにプレゼントをするためにお酒を購入したい場合には、贈る相手を基準にして最適なものを選んだ方が良いでしょう。
年齢や性別によっても、最適なタイプのものは違いがあります。
若い女性に好まれるようなものもあり、洋酒が好きな人に好まれるものもあります。
人によってお酒の好みは大きな違いがあるので、一般的な好みとはかけ離れたものが好きな場合もあるため、注意が必要です。
一番良い方法は、贈る相手の好みを確認してから、最適なものを選ぶ方法です。
この方法ならば、確実に相手に喜んでもらえるものを贈れます。
相手の好みがわかっている場合には、この方法は簡単におこなえるのですが、問題になるのは好きなお酒がわからない場合です。
相手に直接聞くこともできますが、プレゼントをすることを秘密にしたい場合には、それ以外の方法で調べる必要があります。
親しい友人などに好みを聞く方法もあり、飲み会などに一緒に参加して好きなお酒を知る方法もあります。

お酒の種類は無数にあるので贈り相手がどんなお酒をよく飲んでいたのかを思い出すこと

大切な人への贈り物はどんなものにするのかでも悩むところです。
お酒が好きな人なら、日本酒やビールのセットなども喜ばれますが、お酒にも実に多くの種類があります。
好みに合わないものを選んでしまうと、楽しんでもらえない可能性もあるので、その人が普段どんなものを好んで飲んでいるのかをよく思い出してみましょう。
一緒に飲みに行く機会が多い人は、相手の好みも把握しやすいといえます。
ビールが好きな人なら、ビール、ワインが好きならワインを選んでおくと無難ですが、ビールやワインにも実に多くの種類があります。
お酒も辛口や甘口がありますので、普段その人がどのような味のものを選んでいるのかもよく思い出してみましょう。
好きなブランドやメーカーがわかっている場合は、それを選んでおくとより安心です。
相手がどのようなお酒が好きなのかをよく知らないという場合は、さりげなくリサーチしてみることもおすすめです。
本人に聞きにくい場合は、周囲の人に聞いてみることもおすすめです。

お酒を選ぶ時には「色」「香り」「銘柄」「産地」のポイントに気を付けること

お酒にはいろいろな種類がありますが、色や香りと銘柄と産地のポイントは欠かせないです。
お酒によって色に違いがありますが、飲むときに好みの色ですと気分も上がると考えられます。
ワインでも白や赤の他にロゼのピンク色などがあるので、そのときの気分にあわせて選んでいくのが大切です。
香りにも大きな違いがあり、飲むときに香りは自然と感じることになりますし、口に含んだときに味だけでなく鼻に香りが抜けていきます。
香りにも好みがあるので、お酒を選ぶときのポイントの参考にするのが重要になります。
銘柄にもいろいろとありますから、どの銘柄が自分にあうのかを味比べするのも楽しいかもしれないです。
お酒は産地も重要になるので、どの産地で生産されている物なのかを確認すると安心できます。
日本酒であればお米の産地や美味しい水が湧き出ている場所などが名産地になるので、そのような所を意識して探していくと美味しい銘柄に出会うことができる筈です。

お酒の味の好みは性別や年齢でも異なるので贈り相手がどんな方なのかを確認する

贈り物でお酒を選ぶとなったとき、プレゼントする相手がアルコールを飲むことができる、これが前提条件になって来ます。
飲めないのに贈り物をしても喜んで貰えませんし、受け取った側も自分が飲まないとなったときそれをどうするのか迷ってしまうこともあるわけです。
また、お酒には日本酒やウィスキー、ワインや焼酎、ビールなど色々な種類があるわけですが、送る側がどのような種類が好みであるのか、これによっても選び方が変わって来ます。
日本酒の場合は、若い人や女性などあまり好まない人も多いので贈る相手が若い人や女性などのときはワインやビール、ある程度の年齢層の男性なら焼酎や日本酒、ウィスキーなどといった具合にプレゼントをする人の味の好みやお酒の種類の好みなど確認しておけば安心して選ぶことができるのではないでしょうか。
甘口や辛口などお酒には口当たりのテイストがあるわけですが、甘口や辛口などの味の好みも確認しておくと成功に繋がります。

著者:小山田勝夫

筆者プロフィール

静岡県藤枝市生まれ。
お酒が大好きで地元で酒屋を経営。
自分に合ったお酒の選び方など、お酒の魅力を発信しています。
お酒 オンラインショップ